格安スマホ 各MVNOのキャンペーン料金を徹底調査しました » 未分類 » 

ドコモなどのキャリアのスマートフォンと格安スマホの違い

読了までの目安時間:約 3分

キャリアのスマホと言われているのが、いわゆるドコモやソフトバンク、auなどになります。
 
誰もが知っている携帯会社ですよね。今ではガラケーからスマホ時代になり、多くの人が契約していることと思います。でも、スマホはキャリアのものだけではありません。
 
格安スマホだってあるんです。そこで、この2つの違いについて比較してみました。
 

キャリアスマホの特徴

まず、第一に挙げられるのが、キャリアメールでしょう。@以下にドコモやソフトバンクなどとそれぞれのキャリアが記載されていると思います。
 
今ではLINEが主流になってきましたが、それでもメールをすることもありますよね。その際にはメール機能は外せなくなってきます。
 
そして、容量が月間7GBまでなら無制限というプランがあるので、それを利用すると毎月ストレスなくスマホを利用することができます。ただし、動画の再生やインターネットを利用する頻度が多い方だと、7GBを超えてしまいスピードを制限される可能性があります。
 
あとは、それぞれのショップがあるので、故障や気になることがあったらいつでも持っていくことができます。また、連絡先の移行やバックアップなどもしてくれるので、次の新しいスマホへ簡単に移行することができるんです。最低限の設定だけでもしてもらえると助かりますよね。
 

格安スマホの特徴

一方格安スマホはどうかというと、キャリアメールが使えません。よって、メールのアイコンもないということになります。メールしかしない相手との連絡に困ってしまうことがあるかと思います。
 
また、データ容量の制限があるというのも、キャリアのスマホとは違う点でしょう。思う存分スマホを使いたい人にはキャリアのスマホのほうがいいかもしれません。
 
格安スマホはインターネットなども最低限しか利用しない、あまり頻度も多くないといった人におすすめとなっています。
 
このように、キャリアのスマホか格安スマホではそれぞれ違いがあることがわかります。どこを妥協するかによってどちらのスマホにするかは変わってきますが、やはり格安スマホの毎月の利用料には惹かれますね。

私が感じた格安スマホの3つのデメリット

読了までの目安時間:約 3分

格安スマホ、メリットの裏にデメリットもあるの?どんなデメリットなの?と気になっている人いませんか?そこで、いくつかデメリットを挙げてみました。
 

1.キャリアメールが使用できない

これは、格安スマホを購入する上で忘れてはならない点です。今までメールのアイコンから相手と普通にメールをしていたと思いますが、格安スマホになるとこれがなくなります。
 
つまり、やり取りをしようと思ったらGmailかLINEなどのアプリを活用するしかありません。これは、慣れるまで不便ですし、相手がLINEなどをしていない場合に困ってしまうのできちんと把握しておきましょう。
 

2.機種がちょっと古めになっている

せっかくスマホを変えるならできるだけ新しいものにしたいという人が多いと思います。
 
そこで、格安スマホを契約する時に注意しないといけないのが、機種が少し古いものになっているということです。格安でスマホが利用できるのには、ちゃんと理由があるということですね。
 
ただ、よっぽどスマホに詳しくないといつ発売されたとか、新しいものとここがこんなにも違うといった大差は感じないと思うので、発売がちょっと昔なんだなという程度で済むでしょう。
 
実際に、私も少し型が古いものにしましたが、自分ではデザインも気に入っていて、使い勝手がいいので満足しています。
 

3.通話代に気を付けよう

格安スマホは料金はシンプルにまとめてありますが、通話する際に注意しないといけないことがあります。それが、通話料金がきっちり発生してくるということです。
 
基本的には30秒につき20円発生してきます。大手の携帯会社であれば、かけ放題といったプランもあるので、それと比較すると同じように通話をしていては電話代が大変なことになってしまいます。
 
以上、格安スマホはこのようなデメリットがあります。デメリットもしっかり知った上で格安スマホにするかどうか決めてみましょう。メーカーもいろいろとあるので、じっくり比較することをおすすめします。

カテゴリー
最近の投稿