格安スマホ 各MVNOのキャンペーン料金を徹底調査しました » MVNO » 

ワイモバイル(格安スマホ)のキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 3分

ワイモバイルのキャンペーン

ワイモバイルでは助かるキャンペーンを実施しています。PHSから機種変更の場合には、データ通信容量を2倍もらうことができます。よって、小さなデータ容量のプランでも2倍になるので十分スマホを利用することができます。
 
また、学割応援団もとてもお得になっています。25歳以下で新規にワイモバイルに契約される場合には、データ通信容量が2年間も2倍になります。そのため、7GBのプランにすれば14GBまで使えるということになるんです。
 
倍にまでなるサービスはあまりないので、ワイモバイルのこのキャンペーンたちはとても魅力的といえます。
 

他社と比べた強み

ワイモバイルの他社と比べた時の強みって一体なんでしょうか?
それは、他の格安SIMに比べて店舗があるということです。今はたくさんのSIMが販売されていますが、その中で店舗を持っているメーカーはまだまだ少ないです。
 
そんな中、ワイモバイルの店舗は増えつつあるので、お店に行って契約や疑問について解決することができるんです。1GBであれば月2980円で利用することができ、キャンペーンを利用するとデータ容量が2倍になるので、2GBまで使うことができます。
 
さらに、月300回まで無料通話が可能となっているので、電話代もかさんでくることがありません。
 

弱みやデメリット

ワイモバイルのデメリットとして挙げられるのは、高速データ通信の容量が他社と比べるとちょっと少なくなっているように感じます。
 
最大でも7GBとなっています。最低は1GBからとなっています。1GBでは物足りないという人が多いでしょう。
 
また、スマホプラン割引というのがどのコースにも適用してもらえるのですが、この期限が2年間と決まっているのにも注意しないといけません。契約期間も2年間となっています。
 
つまり、大手の携帯会社と同じですね。この期間が過ぎると毎月1000円プラスされてしまうので、それは覚えておかないといけません。
 

解約方法

ワイモバイルを解約するときには、近くのワイモバイルショップに行くようにしましょう。店舗がない場合はインターネットから解約できる場合が多くなっていますが、ワイモバイルについては店舗も増えつつあるので、直接お店に行って解約できるようになっています。
 
店舗に行く際には本人確認ができる証明書、印鑑、電話本体、USIMを持っていくようにしましょう。近くにワイモバイルの店舗がない場合は、ワイモバイル カスタマーセンターに問い合わせてみるといいでしょう。

UQ mobileのキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 4分

UQ mobileのキャンペーン

UQ mobileでは春の格安スマホデビューキャンペーンを実施しています。5月いっぱいの期間限定のキャンペーンとなっていますが、非常に魅力的になっています。
 
この期間にUQ mobileで新規に端末を契約すると、1万円のキャッシュバックを実施しているんです。ただ、これが適用されるのはデータ高速+音声通話プラン5ヶ月分に加入してもらうのが原則となっています。
 
UQ mobileを契約してから、翌月の末でもしっかり契約を続けていることが条件にもなるので、この端末と決めたら長く使うようにするといいでしょう。
 

他社と比べた強み

UQ mobileは格安スマホの中でもダントツで速度が速いと言われています。速度が速いのはスマホを利用する上でストレスなく使えるので助かりますよね。また、SMS機能が無料というのも見逃せません。
 
他社ではSMS機能が追加されることでプラス料金が発生することがありますが、UQ mobileではそれがありません。また、デザリングが可能となっているので、パソコンとの連携もスムーズにできます。
 
UQ mobileは格安スマホデビューする人にとってもおすすめのプランが揃っているので魅力的といえるでしょう。
 

弱みやデメリット

UQ mobileはメリットが多くあるイメージがありますが、ちょっとした弱みもあります。それが、Wi-Fiスポットがない、繰越ができない、容量追加ができない、SIMカードの複数枚発行は無理といったことが挙げられます。
 
Wi-Fiスポットがないのは、外出する時には不便に感じるかもしれません。最近はWi-Fiの環境が整っているところも多いですよね。また、容量の追加ができないので初めにプランで組んでおくしかありません。
 
自分がどれぐらいスマホを使うかわかっている人なら安心ですが、わからない人にとってはちょっと困ってしまうかもしれません。
 

解約方法

UQ mobileは解約する際にはどうすればいいのでしょうか?多くの場合は公式ホームページから解約の手続きを踏むようになっていますが、UQ mobileの場合は電話でのみ解約ができるようになっています。
 
本人確認をしたあと、いくつかのアンケートに答えたら解約は完了します。あとは、契約していたSIMの番号を伝えるだけでいいようになっています。
 
5分もあれば解約はできるので、電話の受付がされている時間内にかけるようにすれば、いつでも簡単に解約できてしまいます。プランによっては最低利用期間として設けられている12ヶ月以内で解約をした場合、違約金が発生することがあるので注意してくださいね。

IIJmioのキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 4分

IIJmioのキャンペーン

IIJmioでは、お友達紹介キャンペーンを実施しています。IIJmioのSIMを利用している人がお友達にIIJmioを紹介して申し込むと、自分とお友達との両方にお得な特典がプレゼントされるようになっています。
 
お友達へは600円相当のデータ量を、自分には500円分のAmazonギフト券をもらうことができます。さらに、紹介した人数によっても特典は変わってくるので、格安スマホが気になっている友達がいたら、ぜひIIJmioを勧めてあげましょう。期間限定のキャンペーンとなっているので、日付を確認して利用してみてくださいね。
 

他社と比べた強み

IIJmioは格安SIMの中でもデータ通信量が多いのに、料金が安いと評判になっています。音声通話がついたプランにしても、月1000円台から持つことができます。
 
さらに、音声通話が必要ないという場合には、毎月1000円以内で利用することができるので、破格の料金といえるでしょう。また、料金プランがシンプルでわかりやすいのも評価が高くなっています。
 
3GB・5GB・10GBの3つの基本プランに加え、音声付きSIMプランがある程度となっています。また、家族などで最大3枚のSIMカードを使用した場合、使わなかったデータは翌月に繰り越せるようになっています。
 

弱みやデメリット

IIJmioにはデメリットもあります。それが、3日間規制をされてしまうことがあるという点です。これは3日間に366MB以上のデータを使用した場合に、通信速度が制限されてしまうというものです。
 
また、音声通話プランにした場合、縛りがきついというのが特徴になっています。利用開始の月から1年間解約できないようになっており、もし解約した場合には残りの月数×1000円という違約金も発生してきます。多くの格安スマホが半年程度の期間を設けている中、IIJmioは1年間と倍になっているんです。
 

解約方法

IIJmioを解約するには、IIJmioのサイトに行きサービスのご解約というところから進んでいきます。
 
このページに入るにはログインしないといけないので、最初にIIJmioに登録した際に情報を忘れないようにメモでもしておくといいでしょう。
 
ただ、IIJmioは最低1年間は続けて使用したほうがよさそうです。思いもよらない解約金が発生することがあるので、それを防ぐためにもしばらく使ってみてからにしましょう。
 
解約金はデメリットのところで記載したように、残りの月数×1000円となっているので、まだあまり使っていないときに解約をするとかなりの損をすることになってしまいます。

BIGLOBE(格安SIM)のキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 3分

BIGLOBEのキャンペーン

BIGLOBEでは安心してスマホが使えるようなキャンペーンを実施しています。それが、あんしんセット割です。これは、端末あんしんサービス、アプリ超ホーダイfor BIGLOBE、セキュリティセットプレミアムの3つに登録しておくことで、24ヶ月間ずっと800円引きでスマホを使用することができるんです。
 
これらのサービスはスマホを快適かつ安全に使用するためには必要となっているので、ぜひ登録してもらいたいと思います。そして、1年間の割引を適用してもらいましょう。
 

他社と比べた強み

BIGLOBEはデイタイムプランというものがあります。これは、昼間の2時から20時までの時間限定となっていますが、月1770円で使用することができます。夜はあまりスマホは使わないという人には、このプランはおすすめになっています。
 
もちろん、たっぷり1日中使いたい人のために、スタンダードプランも用意してあります。デイタイムプランに+1000円追加することで1日中時間を限定されることなく利用できます。
 
また、BIGLOBEはどこにいてもつながりやすいというのが、強みになっています。これは、ドコモの回線を使用しているため実現したことなのです。
 

弱みやデメリット

BIGLOBEはメリットがたくさんある格安スマホとなっていますが、実はデメリットも隠れています。
 
それが、口座引き落としにした場合、216円の手数料が毎月発生してくるという点です。携帯料金って口座引き落としにしている人も多いと思います。
 
BIGLOBEはつきの使用料が安いのが魅力的となっているのに、こんなところで手数料が発生するのはもったいないですよね。毎月なので、考えてしまいます。また、他の格安スマホと同じように、BIGLOBEでもキャリアメールは使用することができません。
 

解約方法

BIGLOBEを解約するには、BIGLOBE会員サポートのページに行くと、解約するというボタンがあるので、それをクリックします。ただし、音声通話サービスの場合には手数料や契約解除料が発生してくることがあるので、注意が必要になってきます。
 
また、解約月の使用料についてですが、日割り計算ではなくまるまるかかってしまいます。なので、解約するとしたら月末のタイミングがいいでしょう。そして、解約する際にはSIMカードの返却も忘れないようにしましょう。解約に伴ってするべきことがいくつかあるということですね。

OCN モバイル ONEのキャンペーンの料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 3分

OCN モバイル ONEのキャンペーン

OCN モバイル ONEではいくつかキャンペーンを実施しています。OCN光の接続プラントセットで利用すると、毎月OCN モバイル ONEが200円引きになります。
 
最大5契約、合計1000円まで割引があるので、これは大きいですね。また、基本通信容量の繰越ができるようにもなりました。その月に使い切らなかった容量を翌月に回して利用することができるのです。これは容量が少なめのプランにしていた場合にも、活用することができて便利でしょう。
 

他社と比べた強み

OCN モバイル ONEは他社と比べると、コースを自由に毎月変更することができます。たくさんスマホを使った月やあまり使わなかった時期などを上手に調節できるようになっているんです。よって、使っていないのにスマホの料金が結構かかったということを防げます。
 
毎月1回だけこの変更はできるようになっているので、覚えておくと得でしょう。5つのコースから選べるようになっているので、自分のスマホの使用する頻度などを考慮してぴったりのプランを探してみましょう。
 

弱みやデメリット

OCN モバイル ONEは通話定額やキャリアメール、端末の保証がついていません。大手の携帯会社であれば保証は手厚いと思います。その点は、格安スマホの方がどうしても落ちてしまいます。
 
また、通話定額がないので電話を頻繁にするという人には向いていないかもしれません。そして、キャリアメールが使用できません。これは、いま多くの格安スマホで難点となってきていることですね。
 
ただ、LINEなどの連絡手段が流通してきているので、キャリアメールは必要ないという人も出てくることでしょう。そういった人には、OCN モバイル ONEはおすすめになっているといえます。また、実店舗を持っていないので何かあった時の対処に時間がかかるという弱みもあります。
 

解約方法

OCN モバイル ONEを解約する際には、SIMカードの解約をすることになります。これは、OCNモバイルのお客様専用ページから手続きをすることができます。
 
ただし、•音声対応SIMカードについては最低6ヶ月間の利用期間が設けられているので、それよりも早く解約をしようとすると、解約違約金8000円が発生してきます。
 
また、他のSIMカードに変更する場合にも転出手数料が3000円かかってくることを覚えておきましょう。ある程度使ってから、OCN モバイル ONEは解約したほうがお得となっているんですね。

nifmoのキャンペーンのキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 3分

Nifmoでは現在SIMカード申し込みで3000円のキャッシュバックを実施しています。ホームページ限定のキャンペーンとなっているので、nifmoが気になっている人はぜひサイトをチェックしてもらいたいと思います。
 
これは、SMS対応SIMカードか音声通話対応SIMカードのどれかを申し込んだ場合に限っているので、格安スマホを検討していて少しでもお得に初月から利用したいということであれば、このnifmoのキャンペーンを活用するとお得になるでしょう。
 
さらに、3000円キャッシュバックだけでなく、利用開始月の基本料金が無料になるのもポイントになっています。
 

他社と比べた強み

Nifmoは他社と比べるとプラン変更が自由にできるようになっています。毎月使用する量が違うという人にとっては、これはおすすめでしょう。
 
さらに、NifMo バリュープログラムも忘れてはいけません。NifMo バリュープログラムとは専用アプリから買い物ができるようになっています。そこから買い物をするとNifMo料金が割引してもらえるんです。
 
買い物できるジャンルや店舗数も幅広く扱っているので、多くの人が満足して利用されています。さらに、Wi-Fiスポットが無料でついてくるのも嬉しいですね。
 

弱みやデメリット

一方、Nifmoのデメリットとしては買い物をしない人には得にならないということと、SIMカードの追加ができないという点です。多くの格安スマホがこのSIMカードの追加ができるようになっている中、Nifmoではできません。
 
また、通信容量を調節できるデータおかわり0.5GBが当月中のみというのも限定されており、なかなか思うように利用することができません。このように、メリットの裏にはデメリットもあるので、両方の面をしっかり知ることが大切です。
 

解約方法

Nifmoを解約しようと思ったら、解約金が発生してくることがあるので注意が必要です。音声SIMプランに契約している際に解約金は発生してくる可能性があります。
 
6ヶ月という契約期間が決められていると思いますが、6ヶ月以内に解約しようとした際に発生してきます。なので、最低半年は使い続けるようにしましょう。解約金の金額は8000円となっているので、Nifmoでスマホを契約するときよりもやめるときの方がお金がかかる計算にあります。解約はNifmoのサイトにログインした後にできるようになっています。

楽天モバイルのキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 3分

楽天モバイルでは他の格安スマホよりもキャンペーンが豊富に揃っています。エクスぺリアの機種を購入することで5000円分のEdyギフト券をプレゼントしてもらえます。
 
さらに、楽天ポイントも2倍貯まるようになっているんです。
 
また、これ以外にもSIMロック解除義務化記念キャンペーンとして、通話SIMをSIMカードでのみ申し込んだら初期費用3000円かかるところ無料にしてくれます。こういったキャンペーンは期間限定となっているので、いつまで実施されているかという日付をチェックして利用できるものを活用するといいでしょう。
 

他社と比べた強み

楽天モバイルを他社と比べた時に、楽天と連携しているという点が最大の強みといえます。楽天モバイルを毎月利用していることで、楽天を利用する際に使えるポイントを貯めていくことができるんです。
 
さらに、月々最低1600円から高速通信で利用できるというのも魅力といえるでしょう。楽天ポイントへ還元されるキャンペーンを随時おこなっているのも顧客数が増えている理由の一つといえるでしょう。さらに、中古端末であれば楽天で検索ができるという連携プレイも見逃すことができません。
 

弱みやデメリット

メリットづくしのように感じる楽天モバイルはデメリットはあるのでしょうか?唯一挙げるとしたら、キャリアメールが使えないという点でしょう。
 
よって、誰かと文章でのやりとりをしようと思ったら、LINEかパソコンのメールを使用することになります。よって、メールをいろんな人とするという場合には、楽天モバイルは少々不便に感じるかもしれません。ただ、今は多くがLINEなどに移行しつつあるので、これに不満がなければ問題なく利用することができるでしょう。
 

解約方法

楽天モバイルを解約するという時には、楽天モバイルカスタマーセンターで手続きをしていくことになります。毎月15日までに解約を伝えるようにしましょう。
 
15日以降になると解約が認められるのが翌月になってしまうので、1ヶ月分料金が発生してくることになります。楽天モバイルで契約をした時に解約するときの手順についてもきちんと把握しておくと、スムーズに進めることができるでしょう。解約はこのセンターに伝えると処理をしてくれるので、日付だけ気をつけて電話するようにしてみましょう。

DMM mobieのキャンペーン料金と他社と比べた強み

読了までの目安時間:約 3分

DMM mobieはいま日頃DMMを利用する人にとっては嬉しいキャンペーンを実施しています。DMM mobieに契約した人全員を対象にされており、ご利用金額の10%がDMMポイントに還元されるようになっているんです。
 
月々の利用料の支払いの時に、ポイントがいくら還元されているかについてチェックすることができます。そして、DMMのギフト券に交換することができます。よって、普段からDMMを利用するという人にとっては、スマホを使いながらこっそりポイントを貯められるこのキャンペーンがとてもお得になっています。
 

他社と比べた強み

DMM mobieは他社と比べると、通信が制限されている時でも快適に利用できるようにということで、バースト機能を導入しています。これによって、電波障害などにストレスを溜めずに済みます。
 
また、余ったデータを翌月に繰り越せるというのも魅力となっています。普通は余ったデータはリセットになってしまうと思いますが、DMM mobieではあまり使わなかった月の分を翌月に回すことができるんです。急にスマホを使いすぎたといったことで焦る必要もありません。
 

弱みやデメリット

DMM mobieはお得なことが満載のように感じますが、その裏に弱みやデメリットもあります。まずは、キャリアメールが使えないこと。LINEやGmailは今までにように利用できますが、普通のメールが使えなくなります。
 
また、格安で話題になっていますが、月々の無料通話がないので、電話を多くするという人には不利となるでしょう。さらに、DMM mobieはWi-Fiスポットがありません。
 
今や当たり前になってきたWi-Fiですが、Wi-Fiを使用することで節約できるところが、無理になってきてしまいます。よって、動画をたくさん見たり、アプリを利用する頻度が多い人には向いていないでしょう。
 

解約方法

DMM mobieを解約しようと思ったら、DMM mobieのマイページから手続きをすることができます。ただ、毎月の最終日には解約をすることができないので注意しましょう。
 
そして、通話SIMにしている場合には最低利用期間内であれば9000円の解約手数料が発生してきます。これは大きいと思うので、解約するタイミングは間違えないようにしないといけません。データSIMプランの場合には、手数料は発生しません。DMM mobieに契約をしたら、マイページにスムーズに入れるようにしておくことが大切です。

umobileの料金とキャンペーンを利用するメリットデメリット

読了までの目安時間:約 3分

umobileでは現在最大6ヶ月月額無料キャンペーンを実施しています。通常2730円のところ、このキャンペーンに当てはまると最大6ヶ月完全に無料になります。ただ、このキャンペーンは機種やプランが限定されています。通話プラスLTE使い放題2+AscendG6プランとなっています。なので、いまumobileでの格安スマホを狙っている人にとっては、このキャンペーンがお得になっています。
 
このキャンペーンは4月1から始まり、9月30日までおこなう予定となっています。ちなみにこのAscendG6という機種は、HUAWEIから発売されています。端末料金は29800円となっているので、こちらも他のスマホに比べるとかなりお得になっているといえるでしょう。
 

他社と比べた強み

いま格安スマホがどんどん登場してきていますが、そんな中の一つであるumobileは他社と比べるとどんな強みがあるのでしょうか?umobileの強みは、3つあります。
 
まずは、キャンペーンが魅力的だということです。
このキャンペーンを利用することで、想像以上の安さでスマホを持つことができます。さらに、2つ目のダブルフィックスプランが他社にはないプランとなっています。これは、2段階料金制度といって、容量をオーバーしてしまいそうな時にこちらのプランを利用すると低価格で抑えることができます。
 
さらに、3つ目として、無制限プランというのがあります。これは、無制限で2480円となっているので、他社と比較してみても数千円安くなっています。他社ではあまりこの無制限プランはあまり用意していないので、umobileの強みといえるでしょう。
 

弱みやデメリット

これだけメリットの方が多いように感じるumobileですが、デメリットはあるのでしょうか?それが、クレジットカード払いしかできないことです。振込用紙は利用することができず、umobileに申し込むと自動的にクレジットカード払いとなるんです。
 
また、実際にumobileを使用している人たちの間で速度が安定しないという話も出ています。これは、インターネットなどを利用するときにはストレスがかかってしまうかもしれません。
 

解約方法

では、最後にumobileの解約方法について。Umobileで契約をするとマイページが利用できるようになります。そこのご契約状況の確認・変更というところに入ると解約の項目が出てきます。解約が完了したら、翌月の15日までに都内にあるumobile解約受付係りにまでSIMカードを送付するようにしましょう。

カテゴリー
最近の投稿